<< たまには… | main | 巻き線 >>

TLとPU

今回は、TLの下地塗装の調整です。
木は、アッシュです。良い木目でしょ(^O^)v
ウッドシーラを噴いて…木の状態によって吹く回数が違うのです…あくまでも私の感性で決めています(T_T)

ウッドシーラの後は、サンディングシーラです。
これも私は、回数を決めていません(^_^;)

大事なのは、噴いたものをどれだけ削り取れるかが重要なんです。木の木目の導管部分をふさいで木とこの上に吹く着色塗料が融着する薄い塗膜が出来ればいいのです。
木目を埋めて消すなんてもって他です(>_<)
ちなみにリフィニッシュの時に一番苦労するのがこのサンディングシーラの厚みです(>_<)
分厚いですよ。ウレタン塗装の下地のサンディングシーラ!
木の木目が平坦になる位分厚いんです(T_T)
これを削り取るのがまた、大変です。

こんなに分厚く噴いたら折角出ている木の独自の周波数が消えちゃいます(x_x;)
私の塗装は、手触りで木目を感じられます。
さてと、塗装と研磨の間にPUを巻いている時があります。

出来ればPUの在庫を置きたいのですが…なかなか在庫まで…最近の傾向としてTLのリアーの白虎がよく出ます=^ェ^=

私は、玄武と朱雀がお気に入りです(^O^)

at 16:35, temjin-pickup, ピックアップ

-, trackbacks(0), - -

trackback
url:http://blog.temjin-pickups.com/trackback/891269